シッダ・アーサナ】を紹介していきます。

達人座

概要

サンスクリット語の【siddha】は、「達人、達成、完成」を意味します。【ハタ・ヨーガ】の全てのアサナの中心に置かれる非常に重要なポーズとされています。瞑想のポーズとしての、安定した土台を提供するために種々の座り方がある中で支持基底面も大きく、バランスも容易に保つことが出来る姿勢です。踵が会陰部に触れることで【ムーラダーラ・チャクラ】を刺激し、クンダリニーの覚醒を促すことが【ハタ・ヨーガ】では目的ともされます。女性の場合は、【シッダヨニ・アーサナ】とも呼ばれます。

(※【チャクラ】については、以下をご参照下さい)

やり方

  1. 足を伸ばして坐る【ダンダ・アーサナ】
  2. 右足を曲げ、踵を会陰部あたりに置き、左足を曲げて、ふくらはぎが右親指に当たるくらいに置く
  3. 左右の坐骨に体重をかけ安定した土台にする
  4. 土台の上に脊柱がS字を描くように伸ばし、顎を引く
  5. 視線は前方か鼻先を見つめるようにして、呼吸を保つ
  6. 手は適当なムドラーを組んでも良い【ジュナーナ・ムドラー】【チン・ムドラー】

ヴァリエーション

  • 適当な準備運動で関節をなじませ、温めてから実施する

カウンターポーズ

  • 屍のポーズ/シャヴァ・アーサナ

効果・評価

  • 股関節の柔軟性
  • 足関節の柔軟性
  • 殿部の柔軟性
  • 姿勢
  • 腹圧
  • 瞑想に向かっての準備

禁忌・注意点

  • 特別な禁忌はなし

気づきのポイント

  • 全身の意識化(普段の姿勢との違いを知る)
  • 後方重心(骨盤が後傾、猫背など)
  • 無駄な力みがあるかないか
  • 身体の左右差