【ヴァジュラ・アーサナ】を紹介します。

正座する妊婦

概要

サンスクリット語で【vajra/ダイヤモンド】を意味します。このアサナを行うと力強い身体を手にできると言われています。堅個でしっかりとした座り方です。上記の写真のようにいわゆる【正座】のことです。このアサナの一番のポイントは、食事をした後でさえも実行できる唯一のアサナと言われています。

【ハタ・ヨーガ・プラディーピカー】によると【シッダ・アーサナ】の別名として扱われています。

やり方

日本人ならわざわざ手順を確認する必要はないかもしれませんが、いくつか注意点もありますので以下に手順を記載します。

  1. 踵の上に殿部を置いて座り、ふくらはぎの上に太ももがのるようにする。
  2. 膝の上に手を置き、背筋をしっかりと伸ばす
  3. 肩の力を抜き、首を長く、背骨から頭が一直線上になるように腹部に力をいれる
  4. 少しおヘソを引っ込める
  5. 殿部と踵を離すよう大腿部の力を入れる(最大の3割程度)
  6. 自然呼吸をしながら、窮屈な部分や身体と呼吸を確認する。5呼吸程度(20秒保持)

ヴァリエーション

特にありません。足を外に開くいわゆる【お姉さん座り】は膝関節、股関節に負担がかかるためオススメはしません。

カウンターポーズ

  • 長座姿勢

効果・評価

  • 腹圧向上
  • 体幹筋のバランス
  • 姿勢改善
  • 消化を助ける(根拠不明)
  • 坐骨神経を改善(根拠不明)
  • 下肢の筋肉痛解消(根拠不明)

禁忌・注意点

  • 膝を曲げれない方(痛みのある場合)
  • 膝の手術後
  • 膝の深屈曲は、関節にとってはあまり良い効果をもたらしません
  • 高齢者(積極的にはオススメしません)

気づきのポイント

  • 殿部から頭頂までの軸を意識することで姿勢のクセを知る
  • 呼吸はとまっていないか
  • 背中が丸くなっていないか
  • 骨盤が後ろに傾いていないか
  • 膝の不快感(痛みなど)がないか
  • 肩に力が入っていないか
  • 顎が上に挙がっていないか
  • 窮屈な部分はどこか