本記事では、

  • 現代のストレス社会におけるヨーガの有効性について
  • 産業構造の変化から考えるストレスについて
  • 最先端の休息方法について

現代社会=高ストレス社会と呼ばれています。

これら要因として、以下のことが考えられています。

  • 社会変化のスピード化
  • 生活様式が身体を動かさないようになった
  • 生存競争の激化

現代の日本は情報化社会となっているものの、工業化時代の名残を引きずっている状況です。就業者数は、第一次産業から第二次産業、さらに第三次産業へどんどん移動しています。現代社会の肉体の偏在化した使用方法から別名では、脳疲労社会とも呼ばれています。

◇第一次産業

直接、動植物をとったり養ったりする産業。

  • 農業
  • 林業
  • 水産業

◇第二次産業

製造・加工などを主とする産業。いわゆブルーカラーと呼ばれる職業です。

  • 鉱工業
  • 製造業
  • 建設業
  • 電気ガス事業

◇第三次産業

第一次・第二次産業以外の産業。目に見えないサービス情報などの生産を行う産業です。この産業に従事する労働者の多くが、背広に白いカッターシャツという服装からホワイトカラーと呼ばれています。

  • 金融
  • 保険
  • 情報通信
  • サービス業など

◇第四次産業

近年では第三次産業に含まれていたものから、以下の様知識集約型産業ことです

  • 情報産業
  • 医療産業
  • 教育サービス産業

さらにIoTやAIの出現によっ第5次産業と構造が変化しています。これは技術進歩によって、産業構造の変化とともに私達が暮らす社会構造も同様に変化してきました。

社会構造同様に産業の在り方も変化してきています。もともとは個々の集団や産業ごとに発展をしてきましたが、現代は個人や集団の多様に協働しなければ社会問題を解決することができなくなってきています。

  • もの×もの
  • 企業×企業
  • 人間×人間

肉体労働からホワイトカラーに属する人が増加し、人間が行う職業構造も変化しています。毎年10年後になくなる仕事ランキングが発表されますが、産業構造が変われば衰退する仕事や新たに生まれる仕事があるのは当然です。今後は現代よりもさらに合理的、効率的なものが求められてきます。

例:米屋がなくなるなんて考えられませんでしたが、現在はほとんど姿をみません。

ストレスはどこに影響する

肉体労働をしていれば主に肉体に疲労が蓄積します。この疲労を解消する手段は、しっかりと休息をとることでした。しかし、現代はデスクワークをはじめとした身体の使い方は偏在化しています同一の座位姿勢を続けることによる、腰痛や肩こりの訴えの増加は、今や社会問題となっています。また、これらの訴えは器質的な問題だけではなく、慢性化すると原因がわからないことが特に問題とされています。

座位姿勢を続ける問題は、身体の偏った使い方だけではありません。脳を過度に使用することにより、知らず知らずストレスを溜め込んでしまいます。脳に蓄積されたストレスは目には見えず、自分で気づくことしかできません。過度なストレスによって、脳機能にも不調和が生じ、症状が身体が現れたときには、本来の原因は複雑化しているため治療が難航することになります。

常に自己点検をすること、定期的な運動と思考のコツを学んでおくことが勧められます。

2種類のストレス

ストレスは、以下の2つに分類されます。

  • 適度のストレス
  • 過度のストレス

適度のストレス

適度なストレスは、人体に善な効果をもたらします。以下がその代表的な効果です。

  • 性質を強化し
  • 能力を高める

過度のストレス

過度なストレスは、人体にネガティブな効果をもたらします。以下がその代表的な影響です。

  • 過緊張を招く
  • 肉体や精神に悪影響を与える

(※ストレスによる生理的な反応については、以下をご参照ください)

(※心についての理解をし、ストレスに備えることについては、以下をご参照下さい)

現代流の休息方法

適度なストレスは、人体に必要なストレスです。しかし、肉体や精神に悪影響を与える過度なストレス慢性的に受けると心身に不調が生じます。その代表例が、心身症です。

(※心身症については、以下をご参照ください)

仕事の方法は変化したが、休息方法は変化していない矛盾

仕事での肉体の使用方法は変化しましたが、休息方法はまだ身体を休めることが主な手段です。社会構造の変化にともない、休息のとり方が対応できていない矛盾があります。何を休息するのかということを明確にし、積極的な休息をとることの重要性が考えることをさせないように、馬車馬のように働かされて、バーンアウトしてしまうことは、とても辛いことです。この受け皿もありません。

(※バーンアウト:燃え尽き症候群のこと)

頃は、マインドフルネス瞑想がよく取り上げられています。

(※マインドフルネスと瞑想の違いについては、以下をご参照下さい)

理想的な休息方法

現代の産業構造に適した理想的な休息方法は脳を休めることです。人々が自然の安らぎを求めるように森林浴が流行していますが自然の中にいるだけでは普段の生活で過敏になっている神経を休めることはできませんよって、もっと積極的な休息方法の獲得が必要になります。

緊張によって興奮した交感神経をリラックスした状態/副交感神経優位に導いていくことです。

(※過敏になった神経に安らぎを与える手段については、以下をご参照下さい)

これら代表例が、ヨーガ療法です。

(※ヨーガの効果については、以下をご参照ください)

(※ヨーガ療法については、以下をご参照ください)

まとめ

  • 産業構造が変われば、休息方法も変わるべき
  • 対症的なストレスマネジメントでは、いつか破綻する
  • ヨーガは、根本的な解決に到達できる可能性がある方法である
  • ストレスの正体を知ることで、ほとんど解決したようなもの

(※ストレスの正体については、以下をご参照ください)